最近のトラックバック

« 親から受け継いだもの | トップページ | イーハトーブ音楽祭に飛び入り参加 »

2008年10月12日 (日)

拝啓 十五の君へ

今年度のNHk合唱コンクールの課題曲は、アンジェラ・アキ、手紙~拝啓十五の君へ~であった。中学生達が歌うこの歌は、聞くたびに涙が流れてしょうがない。今まで教えてきた子ども達のさまざまな思いや、今生きている15歳の子ども達を思い、涙がどうしてもあふれてくる。

歌詞の中の、負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は 誰の言葉を信じて歩けばいいの ああ負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は 自分の声を信じ歩けばいいの 、このさびのところは本当に泣けてくる。涙腺が洪水を起こしてしまうかねごんである。

純粋でひたむきな、青春の日々を生きている若い命のきらめきは本当にすばらしい。その輝く命に携わることができる我々の仕事は、なんてラッキーなのだろうかと思う。二度とない青春の季節を全力で生きようとする魂のきらめきに、ただただ脱帽してしまう瞬間、自分の過ぎ去った15才の季節がオーバーラップし、私は涙してしまうのだろうか。

青春に対する多くの不甲斐なさと憤り、そしてその中に自分が置き忘れてきた、何か大切なものをいつも背負いながら人は生きている。中学生の生徒達が、これから直面していくであろう人生の轍(わだち)や困難は、子ども達を大人へと導く試練であるとともに、ある種の希望でもある。

くじけないで、うつむかないで、前を見て、愛を信じて、自分を信じて生きていって欲しい。

拝啓 

この手紙読んでるあなたが幸せな事を願います

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« 親から受け継いだもの | トップページ | イーハトーブ音楽祭に飛び入り参加 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 十五の君へ:

« 親から受け継いだもの | トップページ | イーハトーブ音楽祭に飛び入り参加 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ