最近のトラックバック

« 普通でいいのか? | トップページ | 新司法試験 »

2008年9月27日 (土)

ブルーモーション

ブナの木や楓の木々が風でざわざわとどよめいている。風がやって来る先に目をやると、遠くに見える山の峰があきらかに夏の青さではない。

風に舞う隼(はやぶさ)が、頭上の高くなった空を横切っていく。放たれた牧場の牛達がほうばる草の色も、心なしか元気がなくなったような気がする。

収穫近くなった田んぼの中を、あわただしく行き交う雀達。のんびり佇む田んぼの案山子(かかし)など眼中にないようだ。しまいには案山子の頭の上にとまっている。

一雨ごとに朝晩の気温は下がり、町を闊歩する人の姿も秋模様だ。サンダル履きのおじさんも少なくなった。衣替えを前にした高校生達は、ワイシャツの上にカーディガンを着ている。

今週、新聞の記事で中学校時代の同級生の訃報を知った。280名の同級生のうち、50歳を前にして15人の同級生が天国に旅立ってしまった。

毎日毎日を中学生と過ごしているためだろうか、自分の中学生時代がそれほど昔に感じられないのだが、ゆうに30数年の時が過ぎてしまっている。

小学校も中学校も、そして高校の学んだ校舎も、長い年月の間に壊され、立て替えられなくなってしまった。自分の学んだ教室の机に佇んで感慨に浸ることも、もうない。30年の歳月とはそういうものなのだろう。

たいがいの同級生達は子育てを終わろうとしている。すでに孫ができた同級生も結構いる。毎年秋の季節を迎えると、ふと自分の人生を振り返ることが多くなる。寒さのせいだろうか、なぜか人恋しくなり、少年の頃の日々を思い出しては、栗拾いやアケビ採りをした悪ガキ仲間を思い出す。

放課後の教室のざわめきや、部室にこもったかび臭いにおいがふとよみがえる時、あの頃の自分と同じ時代を今生きている塾生たちが、とてもうらやましくもあり、いとおしくもある。

彼らが歩んでいく、多くの時間多くの道、そして多くの出会い、多くの別れ。学びの道が続いていく。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« 普通でいいのか? | トップページ | 新司法試験 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーモーション:

« 普通でいいのか? | トップページ | 新司法試験 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ