最近のトラックバック

« 検索フレーズランキング | トップページ | ジョンコルトレーン・教育ブログ界の輪廻転生 »

2008年9月23日 (火)

楽しさと厳しさの融合

ブログでお付き合いさせていただいている寺子屋ブログby唐人町の鳥羽先生http://terakoyant.exblog.jp/が自分の塾に反抗的な生徒がいないことの自己分析をしておりました。以下はその内容です。

塾に反抗的な子がいないことの理由はいくつか考えられます。

①友達紹介で入ってくる子が非常に多いため、似たタイプの子が集まる。
②うちの塾が意外と口うるさいし厳しいことが子供たちの間で広まっており、規則が守れないような子は最初から敬遠して入ってこない。
③きちんと先生の話を聞いて真面目に授業を受ける子が多数なので、そんなところで反抗的な態度をとっても自分が浮くだけ、だから学校で反抗的な態度を取ることがある子も大勢(たいせい)に従っている。
④日頃の授業と子どもたちとのかかわりのなかで、「寺子屋の授業をじゃましたり、先生に反抗したりするなんてありえない」という雰囲気と意識を、子どもたちの頭と生活習慣の中にしみこませている。
⑤私たちは子どもを頭ごなしに叱る(怒る)ことはしません。子どもは自分の頭で考える力を十分に持っています。だから子どもの話をちゃんと聞くという態度を一貫して取っています。(話を聞いた結果、子どもの言っていることがおかしい!と思った場合は叱ります。) こういう態度を取り続けると、子どもから反抗されるということはなかなかありません。子どもは叱られるにせよ、叱られないにせよ、私たちが言っている内容が理不尽なものではないことを理解するわけですから。
(※ただし学校ではそうはいきません。学校という組織は大きすぎてそこにはいろいろな先生がいます。だから学校総体で、「この学校の先生たちには反抗するべきじゃない」という心理を子どもたちに植え付けるのはほとんど不可能です。子どもたちは「学校の先生」という色眼鏡で先生たちを見るので、子どもによっては、「先生」=「すべて(体制側の)敵」と映ることもあります。でも塾のような小さな組織のなかでは「先生」は敵ではない、ということを子どもたちに知らしめることが可能です。)

私はこの記事を読んで、塾のカラーはとても大切だなと思いました。類は友を呼ぶの至言のごとく、塾には教える人間のカラーが確実に出ます。

振り返ってみますと、結婚し子どもが産まれ、やる気満々だった若き日々は、生徒達も何かに取り付かれたごとく勉強に驀進しておりました。年を取るに従って、円熟実を帯びてきたと言えば聞こえがいいのですが、子ども達にも無茶をしない落ち着きみたいな雰囲気が生まれてきたような気がします。

鳥羽先生のブログや、写真を日頃拝見いたしておりますと、メリハリのある、善悪の判断を子ども達にしっかり教えている空気感が伝わってきます。そしてそれが先生の塾の持ち味になっているのが分かります。

言葉や文章は、実に如実に人間の感性や生きる姿勢を表します。私などは風貌こそは年寄りのオヤジキャラですが、どうも茶目っ気がありすぎて、授業中も脱線が多い日々です。ゆえに子ども達も、私のキャラに染まっているのか、そういうキャラが集まってくるのか元気が取り柄で、明るい生徒達です。

私語を一切させず、鉛筆の音だけがカリカリと響き渡る教室。ブースに閉ざされて窓の景色も見ることが出来ない教室。私だったらそんな塾は決していきたくないですね。ゆえにそのような環境を作る気もありません。

鳥羽先生の寺子屋教室の合宿の風景を見てますと、実に楽しそうです。厳しさと楽しさ、この融和が指導には大切なものだと思います。楽しくて厳しい先生、これが一番今の教育に求められる教師像だと思います。

(追伸)

鳥羽先生、承諾を得ぬまま記事を添付させていただきました。事後承諾で申しわけありません。 byかねごん

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« 検索フレーズランキング | トップページ | ジョンコルトレーン・教育ブログ界の輪廻転生 »

コメント

かねごん先生、記事に取り上げていただいてありがとうございます。
楽しいけど厳しい教室でありたいと日々思っております。
子どもと楽しくて厳しい空間を共にするのは幸せなことだと思っています。
これからもお互い楽しさと厳しさのなかで頑張っていけたらいいですね。


(かねごん)
terakoya先生コメントありがとうございます。先生の寺子屋の生徒さん達の元気な様子がとても素敵です。私も精神年齢だけは何とか30代をキープし、塾生達と元気に頑張って行きたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しさと厳しさの融合:

« 検索フレーズランキング | トップページ | ジョンコルトレーン・教育ブログ界の輪廻転生 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ