最近のトラックバック

« 憧れのセブンイレブン | トップページ | さざなみが聞こえる »

2008年8月26日 (火)

日本チームは球種を見破っていた

北京オリンピックで感動の優勝を果たした日本女子ソフトボールチームが凱旋し、多くのメディアが様々な角度から優勝の要因を取り上げているが、実は日本チームは、アメリカのエース投手オスターマンの球種の癖を見破っていた。

斉藤監督の口から語られていたが、オスターマン投手の武器である、ライズボールとドロップボールの球種は投球するホームの違いから、完全に読みきっていたと言うのである。確かにスローモーションで見る限り、素人の私が見ても違いが分かった。

3回の表の狩野亜由美の内野安打は、明らかに初めからひくめを狙っていたバッティングであったし、4回の山田恵美のホームランは、躊躇なく高めのボールを待っていたフルスイングであった。

それにしても狙った通りに打てる技術なくして、打てるものではない。緻密な戦略を実行できるのは、日頃の鍛錬で鍛え上げた技と精神力があってのことである。

一方期待が大きかった星野ジャパンは、残念ながらメダルなしに終わったが、負けた原因は誰が見ても明らかであるだろう。プロ野球界の言わばスター選手を集めてしまったことに敗因がある。このメンバーであれば、誰かが打ってくれるだろう、誰かが抑えてくれるだろう、そんな空気感がテレビを観ていても伝わってきた。

ハングリー精神の微塵も感じられないプレーの連続で、勝てるはずがない。オリンピックというお祭りに来ている、そんな星野ジャパンであったように思う。

それにしても日本女子の活躍が目立つ今回の大会だった。我々中年もそうであるが、中高生を見ていても、女子生徒がやたら元気で、男子生徒は静かである。これからは男子生徒をもっとたくましく教育せねばと思うかねごんである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« 憧れのセブンイレブン | トップページ | さざなみが聞こえる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本チームは球種を見破っていた:

« 憧れのセブンイレブン | トップページ | さざなみが聞こえる »