最近のトラックバック

« 休憩 | トップページ | 宿題は日本経済とリンクする »

2008年8月 8日 (金)

宇宙人的暮らし

あと2年ほどで50歳になるが、東京と北海道以外どこも行ったことがない。もちろんパスポートも作ったことがない。実際旅行は、近隣の山や温泉を除いて皆無である。

今の塾を始めてから20年近くなるが、30代半ばに2週間ほど入院したことを除けば、風邪で塾の教務を休んだ記憶がない。予定されていた教務を休んだのは、祖母が亡くなって葬儀を執り行った時ぐらいである。4年前倒れて救急車で病院に運ばれた時も、医者の入院の勧めを断り、次の日には授業をしていた。

それは塾に対する情熱と言うより、私にはこれしかないという一種の諦観のような気概であるような気がする。

どんな仕事もそうであるが、本当に体は資本である。近年痛風を患って以来、ビールをやめた。肉も食べないようにしている。夜帰宅してからの食事もやめた。もちろんタバコは吸わない。薬物もやらない(・・・笑い)。寝酒にたまに薄い芋焼酎を飲むくらいである。テレビも見ない。ここ1年はブログを打ち込み、寝につく毎日である。

塾仙人になったような気分である。

予備校や塾の先生方は、春の入試が終わると旅行に行く方が多いと聞く。私の場合は春の農作業が始まる。種まきの準備である。そして5月のゴールデンウイークには田植えが始まる。20年間こんな調子なので、おのずと旅行は無理である。

塾の休みの日曜日は、卓球の練習を少しやり、農作業を少しやり、日曜の夜だけは家族と少しだけテレビを見る。テレビに登場するタレント名を聞かれても、ピント来ない。ちなみにケイタイも持っていない。

よく塾生に、どこで日常の情報を得ているのと聞かれるが、頻繁に立ち寄るコンビにでの立ち読みである。そしてPCである。テレビと違ってうるさくなくていい。見たい記事だけ検索できる。私にとってこれだけで十分である。

塾生に「かねごん先生は本当に宇宙人みたい」 と言われるが、何度私はプレアデス星人だと言っても信じてもらえない(・・・笑い)。そこで最近は、前世がプレアデス星人の地球人だと言っているが、相変わらず生徒達は私の妄想を無視して、夏期テキストの問題に没頭している。ん~いいことだ・・・・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« 休憩 | トップページ | 宿題は日本経済とリンクする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙人的暮らし:

« 休憩 | トップページ | 宿題は日本経済とリンクする »