最近のトラックバック

« 少年 | トップページ | 負の連鎖 »

2008年7月23日 (水)

また悲しい事件が・・・

群馬県桐生市で22日、路上に倒れていた男子高校生が死亡した事件で、桐生署は23日、前橋市に住む元同級生の少年(15)を傷害致死容疑で逮捕した。

 発表によると、死亡したのは同県みどり市大間々町大間々、私立桐生第一高校1年星野智さん(15)。少年は22日午後5時半ごろ、桐生市小曽根町の民家の車庫内で、星野さんの顔などを殴ったり、けったりして死なせた疑い。

 県警幹部などによると、少年は先月、同校を1年生で中退し、星野さんと面識があった。インターネットの星野さんの自己紹介サイト「プロフ」に書かれていた内容を巡って、少年が腹を立てていたとの情報があり、同署で動機との関連を調べている。

 この事件で、星野さんと一緒にいた栃木県足利市の同校1年の男子生徒(15)も少年から顔を殴られ、軽傷を負った。

 また、複数の別の少年が現場にいたとみられ、同署が任意で事情を聞いている。

 星野さんは事件から約30分後、現場近くの上毛電鉄西桐生駅前広場で倒れているのが見つかった。少年らによって運ばれたとみられ、少年自身が「人が倒れている」と119番通報したという。 「読売新聞」

インターネットが原因で殺人事件が起きてしまった。こうやってブログを日々打ち込んでいる我が身にしてみれば心痛極まりない。

ギターをやっていることを非難されたことが、事件の引き金になったらしいが、そんなことでという思いである。私も中学、高校時代とギターをやっていたが、確かに当時はギターを持って歩いているだけで、不良と言われた時代ではあるが、そんなことで不良とレッテルを張られることに、逆に快感を覚えた世代である。

ギターを弾いていることに難癖を付けられたから、人を殺してしまう。故意であれ、過失であれ、人を殴れば人間は死に至ることがあるという認識がもてない少年に、私は悲しみと怒りを禁じえない。

昨日『少年』というブログを書いた時に、まさしくこの事件が飛び込んできた。私が描いた少年は、虹と風を愛する純朴な少年だ。やがて訪れるすばらしい青春の季節を謳歌する少年だ。15歳という若さで亡くなってしまった星野君は、もう雨上がりの虹を見ることはない。星野君のご冥福をお祈りする。(合掌)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 少年 | トップページ | 負の連鎖 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また悲しい事件が・・・:

« 少年 | トップページ | 負の連鎖 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ