最近のトラックバック

« 秋葉原の悲劇 | トップページ | 言葉への責任 »

2008年6月10日 (火)

叱り方添削講座

 自分の子どもを叱ってしまうとき、ついつい習慣的に使ってしまうフレーズがあるもの。今日はその添削講座を少々。

その1 いつまでテレビ見てるの早く宿題やりなさい。

訂正案→あと10分でその番組終わるのね、そしたら宿題やろうね。

その2 お前の言いたいことは分かる。でもな・・・・・

訂正案→逆接の「しかし」や「でも」はさけましょう。

その3 だから言っただろう。

訂正案→大変だったな。

その4 人間負けちゃいけないんだよ。

訂正案→人間勝つことも負けることもあるんだ。

その5 どうして言うことを聞けないんだ。

訂正案→話を聞いてくれるかな。

その6 あんなやつとは付き合ってはいけない。

訂正案→友達付き合いもだいじよね。ヘンな誘惑には負けないでね。

その7 ・・・・今度成績が上がったらな。

訂正案→・・・・・お前の頑張る姿を見たらな。

その8 こんな成績だったら部活なんかやめっちまえ。

訂正案→疲れたら無理するな。休んで、そしてまた勉強しな。

その9 塾に行っているのになぜこの成績なの。

訂正案→なし・・・・・・・沈黙。

その10 人生は競争だ。

訂正案→自分のできることを一歩一歩やっていけばいんだよ。

参考にならない訂正案もあったかもしれません。ご了承ください。同じ意図する言葉でもちょっとした気分で変わります。どうでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 秋葉原の悲劇 | トップページ | 言葉への責任 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 叱り方添削講座:

« 秋葉原の悲劇 | トップページ | 言葉への責任 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ