最近のトラックバック

« 光市母子殺害事件に思うこと | トップページ | 文明は繰り返す »

2008年4月22日 (火)

命の重み

 今日の私のブログの記事に300人からのアクセスをいただき、多くのコメントを全国の皆様から頂いた。現在夜の11時になるところであるが、帰宅して判決の結果を知ったばかりである。皆さんのコメントをご紹介したいところであるが、私が勝手に師と仰ぐ神奈川県のとよ爺先生のコメントを代表として紹介させて頂く。

こんにちは、毎日精力的に内容の濃い記事を投稿されていて、
本当に読みでがあります。有り難うございます。

私は前にこのブログで直接本村さんをご存じの方から、
コメントをいただいたことがあります。
文面は以下の通りです。(抜粋です)
「光市母子殺害事件の場合もそうです。

私は被害者や被害者の御主人、本村さんのお人柄などを父から聞いておりますが、事件直後から彼は本当につらい思いの連続です。

近所や地元の人でさえ、何の罪も非もない被害者や御遺族を悪くいい、本村さんがTVに出演したり、本を出版されたり、御遺族の会を立ち上げられたりと動かれるたびに、何やかんやと心ない言葉を投げかける。

これはイジメではないか!!!と思うことがたくさんありました。

事件当時、中には、子を育てる母親の立場でありながら、
“こんな事件を起こされて、うちの子の教育に悪いわ!!”と吐き棄てるように言う人さえいて、その言葉が御遺族に向けられたものだと確認したとき、返す言葉を失いました」

私がイジメの記事を書いていたときに、いただきました。
あといくつか、この件に関してのコメントはあります。
私はこう言うこともあって、いろいろな感情を抱きながら
この事件の成り行きを見ています。
特に本村さんに感じては非常な大きな思いを抱いています。
声はたぶん届かないのですが、かねごんさんと同じように
私も彼を応援している1人です。

投稿 とよ爺 | 2008年4月22日

 ある時を境に私のブログが変わったというご指摘を受けたが、間違いなくとよ爺先生のブログの影響だと確信している。記事を全国に発信するということは、ある意味勇気のいることである。当たり障りのない記事であるならば、批判もされようがないのだが、一歩踏み込んだ意見に対しては反響も多い。おそらくとよ爺先生も、時によっては筆が進まなくなるようなメールも受け取っているはずである。実は私もそうである。

 しかしである、我々塾教師はこども達のいわば命を預かっている仕事をしている。人が命輝く存在であるために、言葉を選び、思いを選んでいる。そしてその言葉なり思想なりが、正しいのか、修正が必要なのかは、自分をさらけ出さないと分からない時がある。

 「ブログに綴った自分の思いが、世の中ではどのように捉えられているのだろう」その時々の皆さんからのコメントなり、メールなりが大いなる学びになっている。先日塾の高校生から、「ブログのプロフィールに本名や個人メールをさらさない方がいいよ」という指摘を頂いたが、今後も消去するつもりはない。逃げも隠れもしないつもりである。

 子どもの教育を通して、今後とも社会を見つめていきたいと思う。そしてこども達が尊厳と生きる勇気を損なわれないよう、微力ながら言葉を綴っていきたい。とよ爺先生のように、そして本村さんの魂をふるわす勇気ある言葉のように・・・・・・。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 光市母子殺害事件に思うこと | トップページ | 文明は繰り返す »

コメント

先生、過分なお言葉有り難うございます。
私も毎日、朝、先生の文章を読むのが日課になりました。

本村さんがマスコミの「これから、どのように生きて行かれますか?」という問いに、
「私は社会人ですので、しっかり納税をして、恥ずかしくない生き方をします」
と仰っていました。

私よりも20歳以上も年下の本村さんですが、いろいろなことを私に教えてくれます。

彼の熱いものが世の中を動かしました。
私などは影響力はありませんが、かねごん先生と同様、熱い思いを持って
頑張っていこうと思います。
この記事は私に対してのエールと勝手に受け取らせていただきました。
ご想像の通り、私のブログはいろいろな批判にさらされます。
しかし、自分の熱や想いは真実なわけですから、変えようもありません。
勇気をいただきました。有り難うございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光市母子殺害事件に思うこと | トップページ | 文明は繰り返す »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ