最近のトラックバック

« 『子どもが生まれる順番の神秘』 | トップページ | 『星の王子様』・その宗教学的意味 »

2008年4月30日 (水)

寺子屋金さん第3話

 寺子屋金さんは、最近ある真実に気づいたのである。それは女は強いという普遍的真理にである。

 春のこの時期、寺子屋では塾生達が恋の話で盛り上がっている。修学旅行で誰と誰がいい感じになったとか、○○ちゃんが振られたとか、まあ賑やかである。

 老婆心で私も恋のキューーピット役をかって出ようと思うのだが、はっきり言って邪魔なようである。先日恋に破れた我が塾生は、ため息交じりの塾の日々が続いていた。「俺の人生終わった」などとのたもうて、さっぱり勉強に身が入らない。

 慰めようと若きころの私の失恋話など披露するのだが、ますます傷口を広げてしまったりして、受験指導のようにうまくはいかない。まだこの時期だからいいものの、これが秋ともなるとたいへんである。受験を前にした男子生徒の失恋は、目も当てられない。成績が重力を味方に急降下である。悲しい男のさがなのである。

 一方女子生徒はたくましい。「私振られた~」と自習室に入ってくるなり、友達を相手によくもまあ言葉がでてくるな~と思う勢いで恋の顛末をぶち上げ、ポテトの袋を3袋もあっと言う間に空にしてしまうのである。気づくと一月後には、ちゃっかりと新しい相手を見つけているのである。開き直りというのか、図太いというのか、やるものである。

 他の塾ではどうか分からないが、寺子屋金さん宅では、失恋して成績が落ちていく女子生徒はいない。逆にそれをばねにして、勉強に集中することの方が多いのである。恐るべしポジティブ思考である。

 「彼女に振られて、うちの子勉強に身が入らなくて・・・」そんな相談を親御さんにされるたびに、男はデリケートだな~としみじみ思うのである。もう少し女性のたくましさを見習って欲しいと思う寺子屋金さんなのである。

 さてゴールデンウイークも終わると、運動会の季節がやってくる。金さんの時代は、ホークダンスというのがあって、唯一女の子の手を堂々と握れる晴れのイベントであった。数合わせのために、女子パートに並んでしっまた男子生徒は悲劇であった。

 失恋した男子生徒を見ると、なぜかあの時の、男子とばかりダンスを踊っていた自分を思い出してしまうのである 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 『子どもが生まれる順番の神秘』 | トップページ | 『星の王子様』・その宗教学的意味 »

寺子屋金さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『子どもが生まれる順番の神秘』 | トップページ | 『星の王子様』・その宗教学的意味 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ