最近のトラックバック

« 格差社会のこども達 | トップページ | 脚本家 佐々木守さんの思い出 »

2008年3月 5日 (水)

塾の先生にどうしてなったの?

 毎年入塾してくる生徒の中で、必ず何人かが私に尋ねてくる質問である。

 今現在、塾をやっている理由ならば簡単に答えられる。長年塾をやってきて、これが自分の天職だと確信している。こども達に教えることが好きだし、自分が出来なかった多くの夢をこども達が達成して行く姿を見るのが気持ちがいい。

 が、しかし、塾の先生になった理由を聞かれると、自分の本心と建前が錯綜してなかなか難しい。

 「先生がうちの学校の先生だったら良かったのに」 一応私を褒めてくれているんだろうと思うけれど、よく言われる(・・・笑い)。しかし私が公教育の先生だったら、教師として存在していなかったと思う。3日もしないうちに、教頭や校長とケンカをして辞めていただろうなという変な確信がある。

 自分という人間を分析すると、短気で、情にもろくお人好し、こうと思ったら意志貫徹まっしぐらタイプだ。したがって、人にあ~だこう~だと指図されることが大嫌いだし、他人にそうすることも苦手なタイプ。つまり、わがままな一匹オオカミ的人間である。学校の先生には向かない典型的輩(やから)である。

 若い頃、東京に出る名目が欲しかった。父親には教員を目指すという理由で、東京の大学に進むことを許してもらったが、それはあくまでも戦略で、今までブログを読んできて頂いた方には周知のことだけれども、ギターを片手に音楽三昧の日々に突入して行くのであった。

 就職活動は一応やったつもりだ。幾つかの音楽事務所を受けた。ダメだった。そこでバイトの延長戦のような流れで、大手進学塾の採用試験を一つだけ受けた。

 大学の卒業式の夜、その塾から採用の知らせをもらった。それも補欠採用だった。4月から担当の社会科の先生が急に中学校に行くことになり、空きが出たのだ。英語科の採用ではないが、それでも良いかとの主旨だった。

 英語だろうが社会だろうが国語だろうが、何でも良かった。とにかく4月からの飯の種にありつけたことでホッとしたのを覚えている。それから足かけ25年、塾教師をやってきた。

 50も近づいて、これからシンガーソングライターになるわけにもいかないし(・・・笑い)、喫茶店のマスターもなかなか難しそうだし、小説を書いて直木賞でもというのはもっと難儀しそうだし、やっぱり塾の先生なんだと思う。

 そうそう、このブログを種に『寺子屋金さん・塾奮闘記』などというエッセイを出版なんていうのはどうだろう・・・・。相変わらず懲りない夢爺である。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

 

« 格差社会のこども達 | トップページ | 脚本家 佐々木守さんの思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 格差社会のこども達 | トップページ | 脚本家 佐々木守さんの思い出 »