最近のトラックバック

« 夢を夢で終わらせないために | トップページ | SMILE »

2008年3月15日 (土)

塾生からのメッセージ

                 僕と受験

 去年の4月、「いよいよ今年は入試か」と心の中でため息をついてから早一年。今では受験も終わり、もうすぐ卒業を迎える。今、高校入試を終えて思うことは、勉強をしてきて本当に良かったということだ。

 受験に向けて頑張ったことで、学力以外のことでたくさんのことを学んだ。例えば勉強の仕方だ。毎日少しづつでも続けることが、自分の能力を確実に高めてくれるということだ。

 継続は力なりという言葉の意味が、受験勉強を通じてよく分かった気がする。勉強やスポーツをやってきたものならきっと分かるはずだ。僕はもう一つ気づいたことがある。精神面についてだ。

 人間は時に自主的に、一つのことを続けることが苦手だ。しかし続けることによって、心は養われる。そしてそれは、結果的に自分の自信へとつながる。テストの時は誰にも頼ることが出来ない。そんなときに、何が自分を支えてくれるのかを是非考えてみて欲しい。

 何かをやり続けることは、自分に力を与えてくれる。これは本当に実感したことだが、特にスポーツをやってきた人は、週一回でいいから一時間なら一時間みっちり体を動かした方がいい。体が怠けると気持ちがゆるみ、勉強も集中して出来なくなるからだ。集中して出来ない勉強はやっても効果が少ない。そんなときは、すぱっとやめて寝た方がいい。

 今しみじみ思うことは、受験に向けて自分はたくさんの人に助けられたことだ。両親はもちろん、学校の先生や友達、塾の先生など、「どうだった?」「大丈夫だったか?」等々、聞かれるたびに自分はこれだけの人達に支えられていたのだとつくづく思う。

このブログで述べるのもなんだが、僕の通った塾は良いところだった.用事があればすぐに時間を変更してくれるし、何よりも先生は親しみやすい。ユーモアというべきなのか、とても不思議な先生だ。市内の生徒はぜひこの塾を体験してみて欲しい。今の僕のように心から感謝の気持ちをのべたいと思わせる塾だ。

 僕の中学校の先生に「受験は団体戦だ」と言った先生がいた。本当にその通りだと思う。友達同士互いに支え合う意味でも、今までにたくさんの人々に支えられた意味でも、自分が一人では無いことを痛感する。

 人には必ず変わらなければならない時がある。その一つが受験なのかも知れない。これから受験を目指す後輩諸君は、ぜひ考え、悩み、乗り越えていって欲しい。

 おそらく中学3年生という一年間は、人生に置いて最高に輝ける年月の一つだと思うから・・・・・。    By 十綾

 かねごん

 大験セミナーわくわく日記の執筆者を交代したいぐらい素晴らしい文章だ。また私の塾をさりげなく宣伝してくれているところがまたいい(・・・笑い)。彼は中1の時から塾に通って来てくれた。そしてこうやってわたしのためにブログに投稿までしてもらった。十綾君ほんとうにありがとう。こちらこそ感謝で一杯だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 夢を夢で終わらせないために | トップページ | SMILE »

塾生からのメッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢を夢で終わらせないために | トップページ | SMILE »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ