最近のトラックバック

« 塾生からのメッセージ | トップページ | 僕たちがこの地球に生まれたわけ »

2008年3月16日 (日)

SMILE

 ジャズの歌い手で私が一番好きなのは、ジュディー・ガーランドだ。哀愁をおびた若き日のジュディーは、ローマの休日のオードリ・ヘップバンに勝るとも劣らない魅力がある。

 けだるい少し鼻にかかったチャーミングな歌声は、小さい頃聞いた遠い国のおとぎ話のような安らぎと、心地よさを与えてくれる。オズの魔法使いの歌声はまさに適役である。

 ぽかぽかと暖かい春の日の午後、ジュディーの歌を聞いてしまったらやばい。いっきに体の力が抜け、魂が彷徨ってしまいそうだ。仕事に緊張感を持ち、モチベーションを高めなければならない日は聞けない。だから最近ようやく聞いている。

 彼女の歌声の中には、古き良き時代のアメリカのおおらかさがある。愛と自由を純粋に追い求めた頃のにおいがある。とてもいい。彼女の歌は、スローバラードが多いが、とても聞きやすい。学生の頃、ちょっと英語力に自信が無くなるとジュディーの歌を聴き、「なんだおれ、英語の歌がけっこう聞き取れるんじゃん」と、自己満足に浸った(・・・笑い)。

 ジャズ喫茶のオヤジに憧れた私としては、もしお店を出すなら『ガーランド』という名前以外に考えられない。そしてちょっとふさぎ込んだ客が入ってきたなら、ジュディの歌うSMILEでもかけてやり、ジャズセラピーでもやってみたいものだ。

 ジュディの歌う曲では、『OVER THE RAINBOW』が圧巻だ。多くのジャズシンガーがこの曲をカバーしているが、アナログ録音で聞く彼女の歌声は、とてもドラマチックで繊細な力強さとでも言ったら良いだろうか、不思議な力がある。

そしてもう一曲忘れていけないのは、『FLY ME TO THE MOON』だ。この曲もやばい。ささやくように歌い始める彼女の甘い声に、思わずとけ込んでしまう。間奏の前にささやく I LOVE YOU の彼女の歌声に、今でもドキッとしてしまう中年おじさんなのである。

 実は私が始めてジュディー・ガーランドのレコードを手にしたのは、曲など分からないまま、ジャケットのジュディーがあまりにも美しかったので買ってしまったのだ。それだけである。正直申し上げて、当時おこちゃまだったので、彼女の大人の魅力が今ひとつ理解不足の感があった。年輪を重ねてきた今、ようやく彼女の人生が歌の中に見えてきたような気がする。

 これを読んでくれている塾生達よ、君たちが聞いても残念ながら良さはまだまだ理解できないはずだ。ゆめゆめ買ったりしてはいけない。聞きたいものは、自習室に置いてあるので貸してあげよう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 塾生からのメッセージ | トップページ | 僕たちがこの地球に生まれたわけ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

金田先生がジュディ・ガーランドのファンだとは知りませんでした。実は私もジュディがあまりに美しいので、とりこになってしまった口です。彼女のOver the rainbowはいいですね。映画「スター誕生」のワンシーンの彼女が娘のライザ・ミネリによく似ていて、当たり前のはずなのですが、あらためて驚いている私です。

かねごんです。
小林先生コメントありがとうございます。やっぱり美しいものはいいですね(・・笑い)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 塾生からのメッセージ | トップページ | 僕たちがこの地球に生まれたわけ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ