最近のトラックバック

« 放射能を海に捨てないで | トップページ | 我々は導火線 »

2008年2月 5日 (火)

県立高校入試まであと1ヶ月

 昨年の暖かい冬とうって変わって、今年は北国らしい厳しい寒さが続いている。受験生諸君は体調の管理が大変だと思うが、うがいや手洗いなど、風邪対策は入念にして欲しい。

 陳腐な表現で申し訳ないが、泣いても笑っても後1ヶ月で県立高校の入試がやって来る。我が塾の中3生は過去問演習の実践に突入しているが、日々喜怒哀楽の上下動の連続だ。

 高得点を取ると「ァ~この年の受験生だったら良かったのに~」と、うれしいやら残念やらの微妙な感想を述べる。また点数が陥没すると「へたこいた~でもそんなの関係ね~、この年の受験生でなくて良かったー」と、かなりポジティブな塾生もいたりする。

 ところで、入試問題がどこで印刷されているのかご存知だろうか。学校の先生や、塾の先生方はもちろん周知の事実であるが、生徒や親御さんは意外と知らない。実は刑務所で印刷され、出番が来るまで管理されている。

 つまり受刑者の方々によって入試問題が印刷作成されているのだ。だからどうだと言うわけではないが、我が教室に、過去のブログでもふれたが、最高裁判所で使われていた机と椅子がある。そして椅子は毎日塾生が使っている。ちょっと複雑な気持ちがしないでもない。

 親御さんが、自分の息子や娘達に自分の受験勉強の話をするときに、どんな感じで話をされているのだろうかと、常々気になっている。気になっているのなら直接聞けばいいと思われるかも知れないが、ついついタイミングを逃してしまう。

 ちなみに私は、息子達に話せない。と言うか、中学校時代は私にとって、勉強空白時代だった。このブログは、決して我が息子達は見ないので正直申し上げるが、青春のエネルギーを勉強以外の違うところにとことん使ってしまっていた(・・笑い)。

 確かに今でも後悔はある。しかしそれはそれで自分の学びだったのかと思っている。おかげで(なにがおかげか分からないが)、高校も大学も公とつくところにはとんと縁がなく、こうやってちょっと(?)やくざな塾教師をやっている。

 塾生に「おまえな勉強しないと俺みたいなちょい悪オヤジになってしまうぞ」と脅かすと、「そりゃたいへんだー勉強しないとはげちゃう~」などと暴言を吐き、私が「ぶっ殺してやる~」などと、まるで吉本の漫才のような会話が教室でくりひろげられる。

 受験1ヶ月前、これくらいのジョークのジャブが出来るところを見ると、我が塾生達もだいじょうぶだろうと思うこの頃である。

« 放射能を海に捨てないで | トップページ | 我々は導火線 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射能を海に捨てないで | トップページ | 我々は導火線 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ