最近のトラックバック

« 校長先生になったの? | トップページ | 冬期講習会 »

2007年11月21日 (水)

最高裁判所さらなる幻想

 中3の社会は、三権分立を終え、経済と流通のしくみに入りました。ところで三権分立といえば司法権の最高峰は最高裁判所でありますが、我がセミナーにはその最高裁判所で使用されていた机と椅子が二脚あり、昭和42年の払い下げ備品ながらも、まだ現役で塾生らに使われております。

 法廷で使われたものではなく、形状から察すると最高裁判所の中の事務用として用いられていたものだと思います。机の裏には重々しく最高裁判所備品の刻印が押されております。

 当時ライバル塾(私が勝手に思っていただけですが)の某先生が、教室の机を自分で作り上げ、それも素晴らしいできばえで塾生に大好評だという話を耳にした私は、「うん・・うちの塾にも何か自慢できる机が・・・」などと、こそくな私は考えたのであります。

 そこで努力して作ろうとしないところが、私のまあ言ってみれば優柔不断なところでして、愛車の軽トラックにまたがり、机捜しの旅にでたのでありました。

 家具屋さんに行ってみると、西洋風の素敵な机がいっぱいありますが、目の玉が飛び出す値段でして、とてもとても・・・・。作戦変更で、県南地区のリサイクルショップを暇を見つけては放浪しておりました。

 国道4号線を北上することしばし、旧水沢市の国道沿いの古ぼけた店の片隅に、この机が私を待っていたのでありました。

 「なんで最高裁の机と椅子がここにあるの!」塾生の驚きの声を耳にしたとき、ひとりにんまりとし、はたしてこの机の上でどんな歴史上の裁判資料が置かれ、処理されていったのだろうかといつもの幻想に浸るのでありました。

追伸  

 例の某ライバル塾の塾長先生は、今は山の中に素敵な喫茶店を作られ、ご自分で作製した素敵なテーブルでもてなしております。私と家内もちょくちょくおじゃまし、その手作りのテーブルでおいしいコーヒーをごちそうになっております。風聞園というお店です。みなさんもいかがですか。

« 校長先生になったの? | トップページ | 冬期講習会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 校長先生になったの? | トップページ | 冬期講習会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ