最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月27日 (土)

あるがままに

 ネティブアメリカンの言葉に

「森の鹿は熊を見て、自分も熊であればいいのにとは思わない。自分であることにすっかり満足している。」

という至言があります。

 先日10月24日に文部科学省より、本年度行われた全国統一テストの結果が発表されました。本県、岩手県は、小学校6年生の国語算数共に全国平均を上まわり、中学3年生の数学は残念ながら全国平均に到達せずという結果だったようです。

 地域ごとの点数結果に一喜一憂されている教育関係者の皆さんもいることと思いますが、地域差、点数差があって当然のことであり、それも個性なのだと思います。

 私が住んでいますのは、一関市花泉町というとても自然があふれている(ちょっとありすぎるんじゃないかと思われる)丘陵地帯の山の中です。塾から車で家に帰る夜道は、キツネさんや狸さんや、イタチさんなど,ほぼ毎日私を出迎えてくれます。ちなみに昨夜はイタチさんと狸さんでした。

 そんな自然の中で専業農家を営んでいる知人と先日こんな会話をしました。

 「息子さん中3ですよね、うちに来ている生徒が言っていましたが、学年でトップクラスだそうで、うらやましいですね。」 と私。

 「な~に、百姓をつげって言ってんのに、一高さ行って大学に行ぎで~なんて言ってわげわがんね~」 と彼。

 「いいじゃないですか希望をしっかり持っていて」 と私。

 「息子さ言ったんだよ、おらいくらい田んぼあって、和牛30頭もいれば、このへんのサラリーマンの3倍の年収は稼げるんだって。カネかけで大学さ行って、会社さ入って、へいこら上司さ頭下げで何おもしろいんだってね」

 いつものライブバージョンでお届けしました。(関東地区の皆さんには理解不能な表現もあったと思いますがご了承のほどを・・・)

 見渡す限りの広い大地と、その土地を利用できる健康な体と力量があれば、大地は多くの恵みを農家に与えてくれます。それでも、若者達は田舎を捨て、自分の可能性を求め都会に出て行きます。

 人間の価値は山ほどで、本当に気が遠くなるくらいの選択肢があります。一人一人があるがままに存在している、いや存在できるのが私達人間のすばらしさだと思います。

 私達はいくら願っても空を飛ぶ鳥にはなれませんし、駿馬のように野山を駆けめぐることも出来ません。しかし、みんながみんな平均的な人間になる必要も無いわけです。あるがままに自分を大切にしたいですね。自分に満足するためにやっぱり努力あるのみですね。

2007年10月23日 (火)

アタックチャンス

今日は、中一の理科の授業をちょっとライブ形式で。

「先生、空気とさ、水素とか酸素とかどっちが重いとか軽いとか、暗記すんの面倒だよ」こんな感じでこども達の声が飛んできます。

 君が今吸い込んでいる空気はなんでしょうか? アタックチャンス!正解は、80%が窒素で20%弱が酸素、あとちょっとの二酸化炭素と水素。小学校で習ったと思うけど、僕たち人間は酸素を肺から取り入れ二酸化炭素を吐き出しているんだ。いわゆるこれが呼吸。一方植物は逆に二酸化炭素を吸収し酸素を出している。ここまではOKかな。

 よし次、もし酸素が空気より軽かったら上の方に行くはず、そうしたら人間や動物は?・・・・そう、酸素が少なくなって滅亡しちゃうね。だから酸素は地上になくちゃいけないので空気より重いんだ。

 次に二酸化炭素、もしこの二酸化炭素が空気より軽くて空の上の方に行っちゃったら植物はどうなる? そうやっぱり死んでしまうんだね。だから二酸化炭素も空気より重く、地上になければならないんだ。ここまで理解した?

 よし次、水素なんだけれど、こいつはとても燃えやすいんだ。もしこの水素が空気より重くて地上にたまっていて、君のお父さんがタバコを吸うためにライターに火をつけたらどうなる?どか~んだね。従って水素は空気よりずっと軽くて地上には溜まっていないだよ。

 こんな感じで指導が進んでいきます。お気づきだと思いますが、暗記科目と言われている理科や社会の教科は、実は地球や私達人間を含めた生き物たちの物語なんですね。故に、その物語を自分でなぞれないこども達が学力不足になっていくんですね。

 大験セミナーの「風と虹の教室」で、幼児や小さいこども達に読み聞かせを重視しているのはそこなんです。先生の話や教科の学習が、物語としてこども達の中で構築され定着されていくためには読書体験がとても大切なことだと思います。一番いいのは、お母さんやお父さんが、のんびりとした雰囲気で子どもをだっこしながら本を読んであげるのが理想的です。

 小さなお子さんをお持ちのお母さんお父さん、今がアタックチャンスです。

 

2007年10月19日 (金)

父親の一分

 先日塾で、おもしろい電話のやりとりがありました。

 一年以上塾に通ってきている女子生徒ですが、塾に迎えに来てくれるように家に電話をかけていました。たまたまお父さんしか居なっかたようで、「塾に来て」という子どもに対して、「どこの塾だ」というお父さんの返事が返ってきたんですね。そのお父さん、娘さんの通っている塾の名前も場所も認識していなかったようで、彼女は一生懸命お父さんに電話でナビをしていました。

 入塾の問い合わせや入会の説明にいらっしゃるのは、100人中97人がお母さん、3%がお父さんです。きっと教育にお金を払うのはお父さんで、教育プランを立てるのはお母さんというのが世の中の図式なのでしょう。

 もちろん平日のお父さん方はお仕事で忙しいので,なかなか塾には足が向かないと思います。3年間塾に通ってきていても、一度も塾生のお父さんに会うこともなく指導が終了するケースがほとんどです。現在通われているお子さんの、お父さんの顔を存じ上げているのは10名だけです。これからは入塾の入会用紙に、お父さんのプリクラ写真を貼ってもらおうかと、ちょとまじに考えたりしてしまいますね。

 時として、学校生活や私生活で深刻な問題を抱える塾生がいます。涙ながらに話をするお母さんを前にして、お父さんともお話ししたいなあと切実に思うのですが、なかなか現状は難しいです。塾教師という立場というよりは、むしろ一人の父親として男同士話し合いたいことも多々あるのですが、いらっしゃるのはお母さんばかりです。もちろん父親としての一分もございましょうが、こどもの教育に携われる期間は人生に置いてほんの一瞬です。そして顔を突っ込むと、思った以上におもしろくて深い世界です。そんな楽しい世界をお母さんにだけ主導権を握らせておくのはもったいないと思うのですが、いかがでしょうか。

 お父さん方、娘や息子にたとえ煙たがれようとも、子どもにアタックしてください。最初はみごとなブロックに遇うかもしれません。フェイントでもなんでもいいです、参戦して下さい。

 大験セミナーでは平日連絡を頂ければ、いつでも保護者面談をしております。お父さん方も気軽においで頂いて、お子さんのことを一緒に語り合ってみませんか。お酒はありませんが、コーヒーやお茶を片手に日頃の思いをぜひ伺いたいと思います。

2007年10月16日 (火)

地球最後の日

 「先生、地球に巨大隕石がぶつかって地球が滅亡するとしたら、最後の日に何したい」

 「そうだな、いつも通り塾に来て、いつも通り教室で教えてるかな」

 占いや予言と言ったたぐいの話題に事欠かない中学生諸君が、まあどこから情報やネタを引っ張り出してくるのか、塾内でもこの地球滅亡という話題は不滅ですね。1999年のノストラダムスの大予言に始まり、最近はホピの予言2012年地球歴の終焉、なんていうことらしいです。

 10月13日のロイター通信に載っていた記事だそうですが、英国でもし地球が1時間後に滅亡するとしたら、あなたはどうしますか、という国民アンケートをやったそうです。54%の人が愛する人や家族と一緒に過ごしたい、という回答が返ってきたそうです。まあ当然と言えば当然の結果でしょうか。驚くべき事は、2%の人が略奪強盗と答えたという記事にはちょっと身震いしますね。

 地球上にいる62億人以上の人間。地球最後の日は突然来なくとも、現在の地球に存在する人々は、100年後にはそのほとんどがそれぞれの地球での最後の日を迎えているはずです。そして一人一人が築き上げてきた知識や思想芸術が、また後世の人々に伝えられて行くわけです。気が遠くなるような知恵の伝達が、綿々と続いて行くんですね。

 我々の星地球、母なる大地が私達人類を厄介者扱いしないよう、もっと謙虚にそして品格を持って生きていかなければと、自分を含め考えるしだいです。

 私も後8年で父親が他界した年齢になります。この星での命がまるで永遠に続くかのように感じた子どもの頃、自分が年を取って死んでいくことなどみじんも想像できませんでした。それだけ子ども時代というのは生命に輝いているんですね。ところが近年、その生命が輝いてるはずのこども達の自殺者が増加傾向にあるという痛ましい現実があります。

 それぞれの与えられたこの星での使命を、それぞれの地球での最後の日まで完遂できるよう、少しでもこども達の力になれたならと思う今日このごろです。

2007年10月12日 (金)

自然の教科書

 幼子に母親が最初に教えるものは

 「沈黙」「愛」「尊敬」の3つである。

 この3つは,3つでひとつであり、子どもに与える最初のレッスンの

 根源となるものであって、後々 母親はそれら3つの土台のうえに

 「寛容」「勇気」「純潔」を重ねていく。     

   サンテ・スー(1858~1939) ボーイスカウト創設に尽力

 今日は塾をお休みにして田んぼで脱穀の仕事をしました。私は塾教師ですが、40アールほどの田んぼを耕す農家(のつもり)でもあります。

 いもち病などの農薬を使わず・・・いや、正確に言うと、農薬の散布が面倒なのでやらず、自然乾燥である、「ほんにょ」で乾かして、収穫しています。

これも、本音を言うと、コンバインで刈り取った方が、とても、とても、楽なのですが、500万円もする機械を買う事などとても、とても・・・

 農業をしてますと、天気に敏感になります。水に神経を使います。そして、土に視線が行くようになります。ご飯の味がわかります。

 私にとって農業自然の教科書です。

 お父さんやお母さんが働く田んぼで、にぎやかに遊んでいる小さな子ども達を見ると、とても嬉しくなってきます。親の働く姿はこども達にやすらぎと勇気を与えます。必要以上の言葉より、そこには大切な教えがあるようです。   

 

2007年10月 8日 (月)

親孝行

 今週は高校生以外の塾生全員に、小学校の漢字書取りテストを行いました。小5、小6の漢字から100問を出したのですが、塾生の皆さんとても苦戦しておりました。

 そしてとても意外だったのは、「親孝行」という漢字をほとんどの生徒が書けなかったことですね。「考行」や「考々」等の誤答が続出。正解者はほんのわずかでした。ひょっとすると親孝行という言葉は、こども達の間で死語になりつつあるのでしょうか。

 先日、プロ野球の高校生ドラフトがありました。注目の投手、仙台育英高校の佐藤由規君の涙の会見がありましたが、これまで育ててくれた両親に、野球で親孝行がしたいと言っていましたね。私にも同い年の息子がいるのですが、佐藤君の健気さに涙してしまいました。久しぶりに素敵な高校生を見ました。感動です。

 この親孝行という言葉、高校生に対して、「国立大学に入学できて親孝行ね」なんて言うフレーズで使われたりしますが、今日はこの件に対して少し述べさせてください。

 バブル崩壊後、地方経済は非常に厳しい状態が続いています。高校生の皆さんも、親の家計を心配し、進学を躊躇するケースが多いと聞きます。実際、当セミナーにおいても、私立大学は合格したものの、経済的理由で進学を諦める塾生の方がいます。奨学金とバイトでなんとか出来た昔とは違い、今は学生の生活水準が飛躍的に高くなりました。携帯電話とパソコンは必需品ですし、何よりも学費が急激に上がっています。

 私の学生時代には、風呂なしのアパートは東京でも普通でしたし、もちろんクーラーや自動車など持っている大学生など稀有でした。お金が無くてもなんとか生きられた時代です。まさにかぐや姫の「神田川」の歌の世界が展開していました。さすがにキャベツをかじって空腹をしのぐことはありませんでしたが、バイト代が出た夜だけ、月一回吉野家の牛丼を食べに行くのが嬉しかったのを憶えています。

 「うちは国立大学以外は入れられないからね」この言葉は、受験生にとってかなり厳しい言葉です。私は親御さんとの面談でいつも言うことなのですが、学費だけの問題なら何とかなるものです。大学で学びたいという本人の希望が本気なら、必ず状況が変わります。いいバイトの話がきたり、親御さんの経済状況が好転したり、まわりが動き出します。子どもの学問への情熱が、家庭の状況を激変させた例を私はたくさん見てきました。

 自分のために本気で努力すること、まさにそれが親孝行だと思います。

2007年10月 5日 (金)

大験セミナー進学先大学 他

 大験セミナーに籍を置いた生徒の皆さんがどのような大学に進学(合格した大学ではなく)しているのかを今日はお知らせしておきます。

                 進学先大学名(順不同)

 岩手大学  東北大学  北海道大学  山形大学  東京大学  秋田大学 

 宇都宮大学  埼玉大学  宮城教育大学  北海道教育大学   早稲田大学

 明治大学  法政大学   東洋大学   東北学院大学       東北福祉大学

 立教大学  山梨学院大学  慶應義塾大学  青森大学      宮城学院大学

 弘前大学  玉川大学  東京理科大学  千葉工業大学 他

                                     高専、短大進学先

     一関高専  盛岡短大  山形県立短大  岩手県立短大

*塾の卒業生で、自分の大学名が載ってないと言う方がおられるかもしれません。    ご了承のほどを。

            今年度塾生在籍中学校(在籍人数順)

 一関中学校  桜町中学校  平泉中学校  花泉中学校       山目中学校

 萩荘中学校  中里中学校  川崎中学校  金成中学校

             今年度塾生在籍高校(順不同)

 一関修紅高校  仙台白百合高校  岩ヶ崎高校 花泉高校 

 一関第一高校     一関第二高校

 

  

2007年10月 4日 (木)

スポーツ推薦

 稲刈りが本番を迎え、実りの秋がやって来ました。中学校では文化祭の準備が始まっています。3年生は来春の入試に向け、志望校選択の最終段階に突入です。

 私の塾では部活動優先で進路を選択する中学生が近年増えています。そして大学進学もスポーツ推薦でと、将来の青写真を描いているこども達もいます。私としてもこども達ののそういった夢を尊重してあげたいのですが、世の中の厳しい現実もありますのでいろんなお話を塾生の皆さんにしています。 

 塾生の中には陸上で私立高校の特待生を選択し、その後駅伝の名門大学に入り、みごと箱根駅伝に出場した生徒もいます。一方同じようにスポーツ特待生で入学しても、部活どころか高校そのものになじめずリタイヤしてしまった生徒もいます。

 激しい練習に耐え、先輩後輩の人間関係にもまれ、なおかつ大会で結果が出せるような生徒の精神力は並たいていのものではありません。おのずと大学や企業もそういった人材を嘱望するのだと思います。彼らの活躍を新聞やテレビなどのマスコミが取り上げてくれれば、学校や企業のイメージアップにもつながります。

 しかし、夢やぶれて山河ありじゃありませんが、一度スポットライトを浴びたが故に過去の栄光にすがりつき、現実の社会の中で進むべき道を探せずふらついている若者が多くいることも真実です。

 いつもこども達に言うことですが、スポーツだけでは飯が食えないんだよ、そのスポーツを通じて得た精神力や知力、人間関係が将来飯の糧になっていくんだよと。私学等の推薦の話題がちらほらと塾内でもささやかれる時期になってきました。自分の将来をしっかり見据えた進路選択をご家族で話し合われてはいかがでしょうか。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ