最近のトラックバック

2022年12月 2日 (金)

奇跡のアシスト

D0a6f918e49945f895739dcf01bb154f

スペインとの戦いを制した日本は、1位通過で決勝トーナメントに勝ち進んだ。逆転を呼び込んだ折り返しのボール判定。これがビデオ判定で使われたフィールドインの写真。

一瞬出てたかと思ったのも束の間、レフリーのゴールの判定で日本サポーターは歓喜に沸いた。スペインメディアからのクレームがないところを見ると、ジャッチは間違いなかったのだろうと思う。

67541b6775644e269af003a3df49376c

教室から眺めた夕方4時の夕暮れである。早朝4時前に起きたものだから、1日が長く感じる。

多くの皆さんが寝不足状態の1日だったのではないだろうか。ドイツとスペインに勝って1位通過。日本のサッカーが世界で戦えることを証明した予選リーグだった。

いよいよ次はベスト8をかけたクロアチアとの一戦。これに勝てば、一気に日本は決勝戦まで行く気がする。コロナに円安が追い打ちをかけ、明るい話題がなかった日本。今日の勝利は我々日本国民が元気をもらった1日だった。

東北地方は雪の便りが聞こえてきた。寒いのは仕方がないとして、路面凍結だけは勘弁して欲しい。昨年は本当に大変な状況になって、通常30分の通勤時間が2時間かかった日があった。山道を脱輪しないように走るのが大変だった。今日のサッカーのように⚽️奇跡的なアシストを天気に望みたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年12月 1日 (木)

先生寝てたでしょう?

8be497c3c915498db346a85111308f49

先生今寝てたでしょう!

何を言うか。ちょっと瞑想をしてたのだよ。

間違いなく寝てたと思うんだけどな。疲れているようだから寝てていいよ。学校の宿題やってるから。

こんな会話が時に生じるこの寺子屋は、先生思いの生徒がいてくれる実に寝やすい、間違えた、根がやさしい子どもたちである。

小学生や中学生の中にはおじいちゃんやおばあちゃんが僕より若い方々がいたりして、いよいよ爺い塾になってきた。(笑)

昨日の高校でのことだが、僕も前髪がとうとう白くなってきてね〜と話したら、女子生徒が、先生それ前髪だったんですか?だって。教室は爆笑の渦。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

2022年11月30日 (水)

生徒たちからもらうパワーに感謝です

僕の周りでは、新型コロナワクチン接種をとてもありがたがっていて、5回目も打つことができたと言って喜んでいる人がいる。

事実だけ述べたい。日本ではワクチン接種後に副反応で苦しんで1900人以上の方が亡くなっている。

インフルエンザワクチン接種の副反応で毎年亡くなる数は130人ほど。

接種者の分母に違いはあるかも知れないけれどもの凄い数だ。ちなみに新型コロナで亡くなった日本人の数は49000人ほど。新型コロナ以前、通常の風邪やインフルエンザによって肺炎で亡くなる日本人は年間10万人ほどだった。僕の父も50代半ばで急性肺炎で死んでいる。

新型コロナ関連で亡くなった方のうち 、約4パーセントの方がワクチン接種で亡くなっている。ワクチンの推奨もマスクの推奨も世界一の国。

サッカーワールドカップの客席でマスクをしている人は誰もいない。

今日は意見も感想も言いません。事実のみを書きました。

小さい頃は身体が弱くて何度も肺炎になり、生死を彷徨ったこともあったが、ここ30年間は、息子からもらった水疱瘡とおたふく風以外では一度も寝込んで仕事を休んだことがない僕です。

結婚以来僕の食事に気を遣ってくれた妻のおかげだと思っています。それと生徒たちからもらうパワーですかね。感謝とありがとうですね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年11月29日 (火)

中華そばは僕のエネルギー源

5f9bc23f5362477d943db10d1c1085a0

これは本日の僕の昼食。ラーメンセット。850円なり。大抵は職員室で弁当を食べるのだけれど。時間が空く時はラーメン屋さんに足を運ぶ。

根っからの麺好きである。特に昔ながらのシナチクとチャーシューが入った透明なスープの中華そばは外せない。

疲れた時は味噌ラーメンを食べたくなるのだけれど、今年30年以上味噌ラーメンを食べ続けてきたお店が突然閉店してしまった。路頭に迷っていたが、この中華そばでどうにか、ラーメン好きの精神のバランスを保っている。

コロナの影響で多くの店が閉店してしまった。この年になるとなかなか新しい店を開拓するのは難しい。目配せひとつでいつものメニューを頼めるラーメン店が消えていくのは悲しい。

店に入ると、券売機でお願いしますと言う店が増えている。苦手だ。大盛りにするのも、トッピングもいちいち別ボタンを押さなければならない。

還暦を過ぎた爺さまは、その時点でテーブルに向かうワクワク感が半減してしまう。

さらに最悪なのはタッチパネル式注文のラーメン店。パソコンを打つ仕事が多い僕は、ほっとしにラーメン屋に来ているのに、またまたパネル。ふー

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

2022年11月28日 (月)

父の思い出

0c66e40e83084bbcb7083b3b425bd5ef

A412e33cf2464127ad6a8633432492ae

僕が小学校に入る時に父が買ってくれた中古の年代ものの机は、妻が開催しているアトリエ風と虹で現役で使われている。おそらく作られて100年近く経っているはずだ。昔のものは使うほどに味が出てくる。座敷でその存在感を増している。

そしてこの山茶花は父が亡くなる年に、父が花泉の互市で買ってきたものだ。32年の歳月が過ぎ、30センチほどの高さだったのが、現在は巨木になり庭先で可憐な花を咲かせている。

師走は父の命日がやって来る月だ。ちょうどクリスマスイブが告別式だった。56歳のあまりも早すぎる別れだった。孫の顔を見させてあげられたのが唯一の親孝行だったかなと思っている。

僕は父の年齢を六つ超えた。孫どころか、息子たちは独身生活を謳歌している。それはそれでいいのかなと思っている。農家の長男が米農家を廃業して寺子屋を営んでいる。あとどれくらい続けられるか、神のみぞ知るである。

師走の後半から年始にかけて私立高校は冬休みに入り、昼の授業がないのだけれど、塾の冬期ゼミを敢行する。今回は定員を8名だけにして、マイペースでやる予定だ。チラシを塾生に配るだけの宣伝。老体に鞭打ってなんとか年を越したいね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

 

2022年11月27日 (日)

今日は地元神社の例祭

E103fb36f750480491d12cf568dee06b

Ad1a398327d64264b3a78fd7e5549cc9

自宅から直線距離にして200メートルの距離にある豊隆神社の今日は例祭。

この鳥居の風景からも分かるのように、僕の住んでいる里山は、長閑な田園と森に囲まれた場所だ。そして空はどこまでも青い。

江戸時代の古地図を見ると、現在の豊隆神社は豊竜神社と表記されている。豊かな竜が鎮座する神社。いい名前だ。

僕の幼少時代の遊び場だったこの神社。現在の神社オタクの精神性はここで培われたと言っても過言ではない。小さい頃から意味も分からず大人の真似をして神社の前で頭を垂れていたが、おかげさまで神様からは好かれる存在なようだ。ちょっと自画自賛(笑)。

僕にとって実は神様なんてどうでもよかった。大人が真剣な顔をして頭を下げているのだから、大切な場所なんだろうなと思った。そんな大切な場所で遊ぶことは楽しかったのかも知れない。

ひとりっ子で兄弟がいなかった。家の経済的理由で幼稚園もいかなかった。故にひとり遊びが多かった。この風景のフィールドが僕のテリトリーだったわけだけれど、ここで僕の妄想癖が育まれたのは間違いない(笑)。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年11月26日 (土)

お金持ちは尊敬するけれど友達にはなりたくない

095ac3b5560b4757a0fee72255b95060

能力主義に人生の比重をおいて生きることは、ひょっとすると道理にかなっているのかも知れない。しかし自己の能力に対して自信を持てなかったり、学校時代の成績で選別されすぎて希望を持てない人にとっては、能力主義の社会はきつい。

日本社会のヒエラルキーは、学力主義の延長線上にある学歴主義で構築されている。偏差値78以上の学部学科をもっている東大・京大・慶応・上智などの一流大学の出身者がオピニオンリーダーとしてこの国を動かしていると言っても過言ではない。

もちろん学歴がなくてもお金があれば世の中を渡り歩いて行けるが、どこかに学歴コンプレックスを持っていると、悪趣味なお金の使い方をしたりして、地位は築けても尊敬はされない。

世の中は全て金だと割り切って生きる人は、僕からすれば尊敬に値する存在だけれども、どうも世の中の評価は違うらしい。

お金を儲けるアンテナと世の中に貢献するアンテナはどうも同じ周波数ではないようだ。そこに経済学のジレンマが生まれる。これは頭がいい人は性格もいいという幻想と同じで、お金を稼げるからあの人は立派だと言う幻想がある限り、お金のパワーはどこまで行っても人生の主役であり続ける。

僕はお金持ちを尊敬するけれど友達にはなりたくない。単純な理由だ。お金でイニシアチブを取られたくないからだ。確かに僕はお金がない。そのことによるコンプレックスは全くないが、お金がないことを、お金持ちに憐れんで貰いたくない。

え!外国に一度も行ったことがないんですか。とか。

一度も新車を買ったことがないんですか。とか。

古着屋で服買うのって気持ち悪くないですか。とか。

なんで休みもなく働いているんですか。とか。

今でも外風呂に入っているんですか。とか。とか。とか。

お金がないからだ。でも毎日が充実している。いや、楽しくさえある。家族が居て、毎朝美味しい珈琲が飲めて、仕事が終わって夜中に飲む一杯の酒は最高だ。それ以上何を望むと言うのか。きっと金持ちは分からないだろうな。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年11月25日 (金)

鳳凰の雲の意味するもの

4972d23653024f528daa9e2453cfe2f8

この雲を塾の窓から撮影したのはちょうど3年前。実は世の中には偶然と言う事象がなく、全ての出来事にはなんらかの理由や原因があって物語が彩られて行く。

この鳳凰の出現の後、中国武山から始まった恐怖は世界を揺るがす殺人ウイルスとなって多くの人命を奪って行った。

様々な憶測と情報が錯綜し、経済は疲弊し、新しい価値観を生みつつ、旧来の精神的システムの多くが崩壊した。

多くの先輩方が5回目のワクチンを打ってもらったと言って安堵しているようだけれど、新型コロナウイルスが変異し重症化しなくなった昨今、ワクチン接種をする意味が果たしてあるのだろうか。僕には医科学的に検証する術はないけれど、もういんじゃないですか、と言うのが本音だ。本日首相が5回目の接種をした映像を流していたけれど、危機は去ったと思う。疲弊した経済の立て直しが急務だ。

塾も高校も陽性になった生徒が出ているが、本人たちいわく、ちょっとした風邪っていう感じ。寒気がして、2、3日微熱が続いて収まったということらしい。テレビや新聞は陽性者の人数を公表し恐怖を煽っているような感があるが、それ以上に過度のワクチン接種に嫌なざわめきを覚えるのは僕だけだろうか。

死亡した人数を公表しているが、新型コロナが発生する以前の風邪やインフルエンザで亡くなった数よりもはるかに少ない。検索すれば分かる数値だ。

今回の新型コロナウイルスで莫大な富を築いた企業がある。一方で閉店を余儀なくされた多くの中小企業や飲食業店が存在する。僕の塾も生徒が激減し、厳し状況であるが、私立高校での講師をやってなんとか生活を維持出来ている。

あと一月ちょっとで2023年がやって来る。今度こそいい年であって欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年11月24日 (木)

大人になるってことは・・・

F896d777f2dc4157ad7cdfcb801bbaca

ジャクソン・ブラウンのhold outを聴いていた僕が、アートペッパーを聴くようになった頃、ひょっとすると大人になっていたのかな。繰り返す希望と絶望の狭間で、時代はいとも簡単に少年を青年に変えて行く。

それはまるで子どもの頃のかくれんぼのようだ。もういいかい。もういいよ。何も準備が出来ていないまま、僕らは鬼の行動を容認する。捕まえらることを期待でもしているのかのように。

多くの喧騒と静寂が過ぎて行った。どこまで辿りつけばいいのだろうと模索していた30代が過ぎ。諦観を装うことで自分を慰めた40代が過ぎ、そして瞬間移動のごとく60代がやって来た。

孫が出来た同級生たちは、いきなり爺さんに変身し、独身貴族を謳歌していた友人たちは、自由気ままな一人暮らしの終焉を気にしだした。ある意味大人になったのかも知れない。

大人になるって、自分の欲望を削ぎ落として行くことなんだと気づいた時から、僕は大人になることに抵抗しだした。死ぬまで駄々をこねて生きてやろうと決意した。その結果が現在の多忙な日々を呼び寄せたようだ。

年を重ねたから大人になるんじゃなくて、経験値に基づいて思慮分別を持つから大人と言われるらしい。しかしこの思慮分別というやつが厄介だ。

思慮分別というのは夢掠奪の同義語でもあるようで、時に若者たちから夢を奪ってしまう。

若者からさんざん夢を聞き出しておいて、お前の言うことはわかるが、でもね・・・というやつ。これで自分の夢を諦めてしまう若者がどれだけけいることか。思慮分別の独断的偏見ほどたちの悪いものはない。自称大人が気づいていないだけに。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年11月23日 (水)

僕が決めていること

0e33ad774bd243fcbe8d6606c09fdaca

62c2ad0419c14e629a8e073882f7250d

自宅から花泉中学校に行く途中にあるため池。実は僕はこのため池に氷が張ったらズボン下を履くことにしている。どうでもいいことかも知れないけれど、僕が勝手に決めているルールだ。

我が家は築50年になろうとしている夏向きの家。断熱材も入ってないし、二重サッシなどと言う冬仕様の窓もない。故に寒い。薪ストーブをつけないと、廊下と座敷は外気温と同じ。外がマイナス10度だと廊下もマイナス10度。

ところが家が寒いと思って着込んで行くと、高校の教室は暖房ががんがん効いているし、塾も断熱材が入っているので暖かい。服装の匙加減が難しい。

そこでズボン下を履くタイミングを、池の氷が張ったらと言うことにしている。どうしようもない話にお付き合いいただき申し訳ございませんでした。

ちなみにお茶と珈琲は南部鉄瓶で沸かした湯を使っているのですが、これがうまい!岩手に生まれたことに喜びを感じるひとときですね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

«きっと天界に莫大な僕の貯金が貯まっているのかも知れない

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ