最近のトラックバック

2019年9月17日 (火)

通路

Photo_20190917080101

試合に負けたどれだけの数の選手たちがこの通路で涙を流しただろうか。午後の静寂さの中に、僕は過去の自分を重ねていた。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年9月14日 (土)

新人戦

Photo_20190914213601 

本日土曜日は中学校の新人戦ということで塾はお休みを頂いた。地元母校の中学校の卓球部男子のコーチを仰せつかって以来、知らぬ間に長い年月が経ってしまった。

13年ぶりの優勝を目標に掲げ、臨んだ団体戦であったが、中総体に引き続き今回も3位という結果だった。優勝は来年の中総体に持ち越しということで、リベンジを果たしたい。明日は個人戦。また熱くなりそうだ。

p>にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年9月12日 (木)

29年の格闘

29年間一関で小さな寺子屋を営んできました。大手フランチャイズ塾に買収を仕掛けられたこともあります。同業者からの嫌がらせもありました。誹謗中傷には言ってみれば慣れっこです(笑い)。多くの塾が毎年誕生し、そして撤退して行きます。個人塾を道ずれにして。許せないですね。
教育を商売と考えることは、そりゃビジネスなので当然でしょうけれど。大手資本を武器に、さんざん田舎町の塾業界をかき回し、儲からないから、さようならは、ひどいですよ。
FBやブログを使って塾を宣伝するのは、ずるいなんて言われますが、チラシやCMを流す金があったら、月謝に還元するのが心情というものでしょう。
5000円の月謝は安すぎるとたまに同業者からなじられますが、決してやすくなんかないですよ。子育てを必死にやっている親御さんの汗と涙の結晶です。今回消費税が上がりますが、僕の塾の月謝は据え置きです。てが、29年間ほぼ同額を維持してきました。ちょっと自慢です(笑い)。


塾の駐車場に僕の軽トラックが停まっています。これさえも演出だろうなんて言われます。僕が軽トラックに乗っているのは、本当に軽トラックが必要だからであって、貧乏暮らしのカモフラージュでも、なんでもありません。(実際は貧乏ですが)笑い
ろくな学校も出ていない塾長という誹謗もありましたね。学歴や学校名で勉強を教えているわけじゃないですからね。
一関にはかつて東京大学をでた塾長さんがやっているフランチャイズ塾がありましたが、10年は続きませんでしたね。
僕の塾はじめっからつぶれているような塾なもので、百姓や昼のバイトでもってなんとか維持してきた僕の塾です。ゆえに自分としては、愛おしいですね。
かつても書きましたが、始めた時のエピソードがありまして、初年度開校した時に入ってくれた生徒さんは10名だったんですが、なんとそのうちの2名が僕と同じ誕生日だったんですね。僕を含め777のそろい踏みです。なんの確信もなかったんですが、『やれるんじゃね~』と思いましたね。
僕のブログを多くの個人事業主の方が閲覧してくれています。そして僕もそういった方々の日常を見て、学びを頂いています。
みなさん大手に負けないで頑張りましょう!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年9月10日 (火)

プチプチリフォーム

Photo_20190910074901

昨日、二階指導室の床のフロアーカーペットを張り替えた。10人以上の塾生がやってきたけれど、誰一人として気づく生徒はおらず、2時間ほどかけて汗だくで頑張った自分がちょっと残念(笑い)。

今年の夏は塾始まって以来、塾生の入れ替えが激しかった。昨年から今年の夏までは男塾だったのが一気に男子が居なくなり女子が入ってきた。小学生が増えたのだけれど、なんか可愛い孫が増えた感じで、塾教師歴40年の年月をひしひしと感じるこの頃である。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年9月 5日 (木)

たまったももんじゃありません

学校の成績で人間を評価してしまうのが教師です。点数で評価するという体制がそうさせてしまったのですが、学校で習う教科ごとくで、人間性まで含めて評価される生徒たちはたまったもんじゃありません。
一方、学校のテストごときで、うぬぼれて同級生を見下す生徒も気の毒です。本質を見失っています。
頭がいいって何でしょうか。
よく英語が出来ない生徒が、単語の意味がさっぱりわからないと言います。例えば中学で習う英単語は1500あまり。それこそ、penやboyなどの単語を含んでの数ですので、実際覚えなければならない単語は1000にも満たないはずです。
ポケモンのキャラクターを全部覚えている生徒がたまにいますが、ゆうに1000を超えています。英単語を覚える方がはるかに簡単です。
頭がいいって暗記力でしょうか。それとも文章力でしょうか。指導力でしょうか。
価値観がこれほど多様化した現代社会でも、生きる本質は食べて行くことです。その食料を手に入れる能力が、それぞれの選択によります。
僕は30年以上稲作農家をやって来ました(3年前に廃業しましたが・・・)。食糧を生産することは本当に大変です。体力と根性が必要です。眠くても朝早く起きなければなりませんし、農機具の整備もこなさなければなりません。30キロの米袋を持ち上げる腕力も必要です。
塾教師も40年近くやってきました。因数分解を教えるのも、電気のオームの法則を教えるのも、形容詞と形容動詞の違いを教えるのも得意です。でもやっぱり教科を教えるより、農家をやる方が大変でしたね(笑い)。
人生ってそんなもんです。教科を教えることなんて、いっちゃ悪いですが誰でもできます。勉強さえすれば大学や大学院に行く必要はありません。でも教員免許をとって採用されないと学校の先生にはなれません。塾教師は資格は必要ありませんが、合格に導かないと即アウトです。
人の良し悪しは、見た目って言う人もいます。優しさと言う人もいます。経済力だと言う人もいます。
それぞれの価値観でいいのだと思います。学校がつまらないという声をたびたび聞きます。間違っていたらごめんなさい。学校の先生じたいが、学校を面白いと思ってないから、生徒もつまらなないのではないでしょうか。
僕は塾での仕事はめちゃ楽しいと思っています。生徒も塾では楽しそうに勉強しています。それだけのことですが、大切なことだと思います。
今日も長いつぶやきになってしまいました。失礼しましたm(_ _"m)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年9月 4日 (水)

向日葵

Photo_20190904230001 

自宅から塾に向かう途中に、向日葵畑がある。

向日葵の花が、例外なく同じ方向を見ている。向日葵には失礼な話だけれど、生理的にちょっと苦手。観て綺麗なんだけど、なんか自由度がないのがイタイ。

そう感じる僕も実はイタイ(笑い)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年9月 1日 (日)

9月ですね

Photo_20190901084401

新しい名刺を作ってみました。僕の似顔絵が好評で、塾生が欲しいと言って持っていきます。髪の毛が7本しかありませんが、本当はもっとあります(爆笑)。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年8月30日 (金)

神社オタクのつぶやき

今日は朝方雨ふりで、予定していた休耕田の草刈りも出来ないので、神社オタク歴四半世紀の僕の経験をちょっと書きますね。
もともと神社って何かというと、八百万の神々を祀っている祈りの場、人間の精神性のよりどころと言えばいいでしょうか。
その場所は、縄文時代からの岩場であったり、霊山であったり、雷が落ちた場所であったり、隕石が落ちた場所であったり、シャーマンが埋葬された場所であったり、なにがしかのインパクトが醸し出される場所だったろうと思います。
西洋の一神教と違い、日本の神道には、教義もありませんし、一応祀られる神様はいても、その派閥は曖昧で、自然崇拝の奥義は、個人の好みや習慣性に任されています。言ってみれば自由ですね。
従って神社があるから、行かなければならないということもありませんし、その神社に対する信仰の強制もありません。
多くの方がお参りする神社は、昔からそれなりのご利益があっての繁栄なのだと思いますが、少なからずファッション性というのもあったと思いますね。娯楽がなかった昔は、神社の存在性そのものが、現代のテーマパーク的な吸引力を持っていたのかもしれません。
さて皆さんもいろんな神社に行くことがあると思いますが、神社によっては氏子の皆さんが居なくなり、廃れてしまった神社や石塔などがあります。鳥居をくぐると草ぼうぼうで、神殿は蜘蛛の巣だらけという場所ですね。
魑魅魍魎がたむろしているから、そんな神社に行くべきではないという方がおられます。自称霊能者を名乗る方の書物にも、よくそんなことが書かれていますね。
僕の経験から言わせて頂くと、廃れた神社に行っても、祟られることもありませんし、運気が低下することもありません。
僕は軽トラックで神社巡りをしているのですが、廃れた神社もよく行きます。そしてこんなことを社殿で申し上げます。
かつてこの神社に縁があった方々が、繁栄しますように。この神社の神様の威信が復活し、地域の方々が繁栄しますように。
何度か書いてきたことですけれど、偶然こうやって訪れた神社で上記のような祈りを捧げると、その神社の近隣の生徒が入塾して来るという偶然が度々起こります。夜に金縛りにあってうなされることはないですね(笑い)。
誰もお参りしなくなった神社の神様やご眷属は、寂しがっておられるのではないでしょうか。来てくれる人間の願いを叶いたがっているかもしれませんよ。
僕は見えたり聞こえたりするタイプの人間ではないですが、神社に行って気持ちが良かった日は、よく龍神の姿の雲を見ます。僕が勝手にそう見えるだけで、実態は違うのかも知れませんが・・・・(笑い)。
最近は熊の出没が頻繁なので、山奥の神社参りはあまりお勧めできませんが、何かの縁で気になった神社はぜひ訪れてみてください。人間関係にいい意味で変化が訪れることがあるかも知れませんよ。

>にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年8月26日 (月)

草刈り最終章

「先生!草刈りが大変だって言うけど刈りすぎじゃないの~」と塾生に言われて、刈らなければならない休耕田の写真を見せた。

これがそう。

Photo_20190826091501

「ひぇ~、先生これ一人で刈るの」

実はこれはほんの一部。モアーという機械で刈る平らなところだけれど、大変なのが土手の急斜面。草刈り機を担いで、この暑い中本当に大変。

昨日は一関市、地ビールフェスで盛り上がっていたようですが、僕はひたすら草刈り作業。万歩計は2万近くを示していました。ふ~

 

>にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2019年8月23日 (金)

ご縁

Photo_20190823230601

神社オタクの僕の出発点は一関花泉の御嶽山神社だ。自宅から車で5分。

かつて御嶽山神社に参拝するようになったのは30年ほど前。無性に金華山の黄金山神社に行きたくなって、家族を連れて行ったのは20年ほど前。

そして数年前、御嶽山神社の拝殿前に飾られている文字が、金華山の黄金山神社の禰宜・菅原氏によるものであることに気づいた。神様に導かれたのかも知れない。

開塾30年を迎えるが、こうやってつぶれることもなく地域の皆様にご利用して頂けるのも、神様から頂く縁のおかげだと思っている。感謝にたえない。

>にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

«発見

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ