最近のトラックバック

2017年9月19日 (火)

男女平等?

敬老会が80才以上になったのはいつからだったろうか。昔はもっと年齢が下だったですよね。
ところで10人に1人が認知症時代と言われる昨今。寿命は延びましたが、それに脳の判断力が追従できなくなってきているのが現状です。僕の母もその認知症を患っていますが、果たしてこれが病気かというと、どうもそうとも言い切れず、自然体で付き合って行くしかないんでしょうね。
昔は認知症などというしゃれた表現ではなく、ぼけ老人とか、そんな言葉が闊歩していましたが、年齢と共にやって来る認識力の欠如を予防する方法は、緊張感を持って最後まで頭を使うことですかね。アルツハイマーのような病気の対処法はまた別でしょうが、高齢者の方が長期入院すると、認知症の進行が早まるようですね

薬があるようで、ないようなもので、子ども返りしていく自分の親を、根気よく見ていくしかないようですね。
認知症というのは、確かに大変ですけれど、近づいてくる死の恐怖が、反比例するかのように遠のいて行く感もあり、ひょっとすると、遺伝子に組み込まれた、恐怖減速装置なのかも知れませんね。
90歳がごく当たり前になった日本社会。僕は現在50代後半にさしかかりましたが、90歳というと30年以上あります。生きることはないでしょうが、ちょっとくらっとしますね。だってあと30年以上生きるとなると、正直大変ですもんね。
子どもの数が少なくなって、高齢者が増加して行けば、経済は困窮します。
子どもが少ないことに加えて、そのこどもたちが、結婚適齢期になっても結婚しないわけですから、どんどん人口が減って行くのは必然ですよね。
教え子たちにも多いです。結婚が面倒くさいって言う子。女子はバリバリ結婚願望があるようですが、男子はないですね。奥さんや子どもを養っていくことがしんどいって言うんですよね。
僕はこれは近年の男女平等教育の負の部分の表れじゃないかと勘ぐっているんですね。
同じ年齢の子どもを見ればわかりますが、明らかに精神性は女子が上です。学校の成績も女子がいいという学校が多いのではないでしょうか。そこへ男女平等の理念を、日常に持ち込まれ、男子も裁縫をしなさい、男子もしっかり合唱に参加してね、という教育が施されてきました。当然のことなんですが、昭和30年代生まれの僕にはちょっと違和感があるんですよね。
裁縫や料理の実習なんていえば、間違いなくさぼっていましたし、放課後合唱の練習などと言われれば,確実に逃亡していましたね。男がやってやれるか!てなもんですよ。
本能的に男の方が、女性より馬鹿なことぐらいは知っていましたから、肉体や様々な社会勉強に力を入れていましたね。部活の先輩に女の口説き方を教わった最後の世代じゃないでしょうか(笑い)。
脂ぎった男の子が、消えましたね。クールでいんでしょうけれど、どんなもんでしょうか。男女平等教育の本質ってちょっと違う気がしませんか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年9月14日 (木)

生きて行く理由

人生50年と言われた100年前。そして今は人生90年の時代に突入した。競争原理が人間の生きる活力になっているかのような社会に於いて、自分らしさを表現することがとても難しい時代になってきたように思う。
自分が社会にどう貢献できるのかという前に、生活する基盤さえも脆くなってしまう日常性の中で、生きる希望を渇望する多くの世代が今、人生の意味を問うている。
宗教や信仰に救いを求める人たち。学歴や社会的地位に安住を求める人たち。
震災以後自殺者の数が減ってきていると言われるが、それでも毎年3万人弱の方が、日本で自らの命を絶っている。自殺未遂は、この数の10倍に達するという。
運命に翻弄される人生を、いかに自分でコントロールできるかということに視点を置くことはとても危険なような気がする。とかく根性とか努力ということを、教育の中でインプットされてきた僕らは、人生の敗北を努力不足とみなす傾向がある。
スポーツ競技を見て欲しい、いくら頑張っても最後の勝者は一人しかいない。その他のプレーヤーは全員が敗北者となる。どの時点までの自分を良しとするかが、各人の目標であり価値観だ。その価値観を他人の価値観に委ねてしまう傾向がある。
情報化社会というより、情報過多社会だ。世の中に迎合しようとするあまり、自分の本来のスタンスを喪失し、コントロール不能に陥ってしまっているのが、今の僕らじゃないだろうか。
その象徴が、お店で外食している家族や友人や恋人たちの姿だ。会話をするわけでもなく、黙々とスマホをそれぞれが見つめている。自然と心と身体が整うわけがない。
僕は4年半前までは、携帯電話を所有していなかった。現在ガラケーと言うやつは持っているが、スマホは持っていない。ゆえにSNSを自宅外の場所や仕事場で閲覧することはない。ラインもやらない。テレビもほとんど見ない。
生きるということは、活動することだろう思う。身体を動かし、頭を動かし、時に汗を流し、時に笑い、時に泣き、時に怒る。これらの身体および感情の動きが、全てその人の運命や躍動感に間違いなく連動していくものだと思う。
中学校や高校は、あまりにも宿題を出し過ぎる。夏休みなど本を読む時間も自然の中に出かけて行く時間もない。彼らはゆえにちょっとしたスキを見つけてはゲームや架空のバーチャルな世界にはまり込む。鬱の若者が増えて当然の原因を、間違いなく経済優先の社会が作っている。
勝利者にならなくていい。若者たちには楽しみを構築できる人間になって欲しい。生きる楽しみをいっぱい作って欲しい。

2017年9月12日 (火)

大湯環状列石

20140824_142447


秋田大湯の環状列石(ストーンサークル)を先週訪れてきました。長年の夢が叶った旅でした。軽自動車で高速道を3時間半。でも、この遺跡を前にして旅の疲れが吹っ飛びましたね。

縄文時代の遺跡を随分見てきましたが、いつも感じることは、当時の人たちの精神性の高さです。全ての生きる糧を自分たちの力と知恵で手にいれることの困難さは、いかほどのものだったでしょうか。

自然と向き合い、その中から芸術的な遺構を築きあげた縄文人のパワーをひしひしと感じた瞬間でした。

熊の出没が頻繁ということで、遺跡の森の中への侵入は禁止されておりましたが、道路そばの遺跡は近くから見学できました。

北上の樺山遺跡といい、この大湯のストーンサークルといい、まるで彼らが石と対話をしていたかのような、そんな残像が飛来する遺跡でした。

追伸・・・今月に入ってまたブログをご無沙汰していました。休耕田の草刈り作業が忙しく、雨の日ぐらいしか書けません。ご了承ください。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年9月 9日 (土)

コピー機が届きました

2f25054cd1bb096a23842186d185d451syo


震災を乗り越えて使ってきたコピー機が限界を迎え、昨日新しいコピー機が指導室にはいりました。今までと比べめちゃくちゃ静かなコピー機です。

静か過ぎて眠りに落ちませんように(笑い)。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年9月 5日 (火)

龍神パワー

Photo


昨日から十和田神社の龍神絵馬に、合格祈願の名前記入を塾生にお願いしているのですが、この写真は十和田神社に参拝して龍神絵馬を頂いた後に参道を写したものです。

ちょっと今までにない高貴な光が移り込みました。龍神さんからパワーを頂いた感じです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年9月 4日 (月)

恒例の秋のイベント

Photo


今年もやって来ました、休耕田の最後の草刈り作業。ようやく草刈り面積の半分が終了。甲子園球場のグランド面積に相当する休耕田。正直年々重ねる年月に、体力もだいぶ怪しくなってきましたが、今月は新人戦の卓球のコーチングの後、15年ぶりの五葉山登山が待っています。草刈り作業も足腰の鍛練と思えばなんのその。頑張りま~す。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

今年も合格絵馬の季節

2f25054cd1bb096a23842186d185d451syo


昨日は龍神がご祭神である十和田神社に参拝してきました。森閑とした静謐感の中で、日頃の感謝を申し上げてきました。

20140902_175318


例年塾生には絵馬に、合格祈念として名前を書いてもらっていますが、今年は十和田神社の龍神絵馬です。本日より受験生にしたためて頂きます。

さあいよいよ受験まで半年となりました。頑張りましょう!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年8月29日 (火)

【信じてもらえなかった話】

原付バイクは何歳から乗っていいでしょうか。答えは16歳からです。でも僕は小学6年生の時は、もうすでに乗り回していました。懺悔です。実はこれには裏話があります。
僕が子ども時代は、地域にはこれと言った地場産業がありませんでしたので、どこの家でも農繁期が終ると、おやじたちは出稼ぎに行っていました
そこで耕運機等のちょっとした機械は、当時、小学生の高学年ともなれば、バリバリに運転していました。麦わらを運んだり、田んぼに肥料をはこんだり、小学6年生ともなれば、農家の即戦力です。親も公認、学校の先生も黙認でしたね。
何かどさくさまぎれに、耕運機の延長で原付バイクを乗り回していた感がありましたね。
小学校の先生も黙認していましたが、そのことを学生時代に友人に話したのですが、『ありえない!』と言う一言で、信じてもらえませんでした。
もちろん中学に入ると、厳しい訓示を受けバイクはやめましたが、小学時代は農道を走り回っていましたね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年8月26日 (土)

なんかな~

東日本大震災の時に多くのボランティア支援を頂いた。物資・食料・医療等、本当に感謝にたえない思いです。

ただここにきてちょっと『おや』と思うことも多いですね。当時、大変だということで多くの支援を頂いた方が多いわけですが、ほとぼりが冷めたという表現は悪いのですが、そういった方々が、高級な外車を購入したり、立派な家を建てたりしているのを見ると、『そうなんだ』という想いが、どうしてもよぎります。

お金が無いのに必死に支援していた人。お金に全然余裕があるのに、支援をもらっていた人。どこかで人生、つじつまが合うようにはできているのでしょうが、なんかな~という想いはありますね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年8月24日 (木)

あら、あら

20140824_142447


指導室の椅子が劣化して来た。新しいものが欲しい。がしかし、エアコンを買い替え、今度はカラー複写機を新調する。自動車も壊れ、湯沸かし器も壊れ新しく買い替えた。

自分も買い替えられないよう気をつけないとな(爆笑)。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

«爆笑物語り